小さなエビに魅せられた男のブログ


by ebi-life

リセット

朝晩は寒いですが、もう春はすぐそこまで来ていますね^^
春なので水槽をリセットしてみました。

今回リセットした水槽は600×450×360(h)の水槽です。
ちょっと変わった大きさの水槽です。
水量は100リットル近くの水槽です。
今回使ったソイルは下記の通りです。

・軽石(ホームセンターで購入した園芸用の小粒のもの)
・ADA NEWアマゾニア(ノーマルタイプ)
・ADA NEWアマゾニア(パウダータイプ)
僕は栄養系ソイルのみで吸着系ソイルは使いません。

f0226076_16433113.jpg


水槽を綺麗に掃除した後に良く乾燥させます。
そして水槽の底面に「粉」を巻きます。(下の写真)
粉の正体は下記の通りです。
・ADA ペナックW
・ADA トルマリンBC
・エビ天 TB-10
・シュリンプバクター

f0226076_16435713.jpg


「粉」を巻いた後に軽石を洗わずに敷きます。
今回は6.0リットル使用しました。

f0226076_16442521.jpg


次にNEWアマゾニア(ノーマルタイプ)、NEWアマゾニア(パウダータイプ)の順番で敷きます。
今回は9リットルづつ使用しました。

f0226076_16444860.jpg


f0226076_1645922.jpg


ソイルが舞わないように、静かに水を入れてエアレーション等は行わずに2週間静置します。
ソイルが舞わないt様にするためにアマゾニアの袋をソイルの上面に式ゆっくりと水を注ぎます。
上記が僕の水槽の一般的な立ち上げ法です。
2週間静置した後の事は、次のブログで書きます。

f0226076_16452839.jpg


底床の中を長期に渡って以下に綺麗に保つかを考えた立ち上げ法です。
エビの収容数等によって異なりますが、2~3年程度は再リセット不要だと思います。
この方法は立ち上げまでに数カ月の期間を要しますが、長期の維持が可能です。
立ち上げてから半年から1年位するとエビが爆殖します。
濾過はエイハイム2213+サブフィルターとスポンジフィルターです。
底床内に嫌気層を作る事を目的としていますので、底面フィルターは使いません。
外部フィルターや外掛けフィルターが適しているセット法だと思います。

この方法が100%いいものではないと思うので、真似をして失敗しても文句を言わないで下さいね。
この続きは次のブログで書きますね。
[PR]
by ebi-life | 2012-04-06 16:54